映像製作団体石倉

CREATORS

 映像製作団体 石倉とは・・・

2012年5月29日に結成した本団体は、「バンタンデザイン研究所」にて共に映画を学んだ者を中心に構成された映像製作団体です。現在、短編映画を中心に製作し、自主興行での上映を目指して活動しています。

naito

《代表》内藤壮平…監督・脚本・助監督

1986年、大分県出身。バンタンデザイン研究所卒業後、本団体を立ち上げる。
同校在学中に「野良犬たちの午後」(09)、「堀人」(10)の監督を務めた。穴を掘り続ける男を主人公に据えた「堀人」は、第五回TOHO学生映画祭 東日本予選にて入選、また2011年度福井映画祭でも入選を果たし注目を集めた。
他の監督作に「きたかたたけとし」(第17 回水戸短編映像祭 等)、 「バーニン バーニン バルーン、心の」(第9 回福井映画祭、横濱HAPPY MUS!C 映画祭2014、2014 年アヴァンカ国際映画祭JAPAN TODAY 等)。
普段からニラを好んで食し、ニラ好きの集い「ニラ友の会」代表も併せて務める。

作品動画:「堀人」本編

hukui

《副代表》福井一博(KZ)…監督・プロデューサー・助監督

1982年、大阪府出身。バンタンデザイン研究所にて演出・脚本を学ぶ。戸塚富士丸監督作品「ははお屋」(10)、内藤壮平監督作品「堀人」(10)に制作として参加。2010年の初監督作品「道しるべ」では、4人の若者の成長を実に瑞々しく描き、共感を呼んだ。
また、清水監督、阿部監督の作品では助監督・プロデューサーを務めるなど、本団体での制作において欠かせない存在となっている。
現在は 2015 年秋に撮り終えた短編映画「まれびと」の編集に勤しむ毎日。好きな食べ物は、ほたて。

abe

阿部敬史…監督・脚本・編集

1983年、北海道出身。バンタンデザイン研究所卒業。在学中に監督を務めた「らんぷ」 (09)が、第四回TOHO学生映画祭にてグランプリに輝いた。
翌2011年、資源エネルギー庁が主催する「映画を通して考える 再生可能エネルギーシンポジウム」に、監督作品「俺たちの未来(あす)」(11)を出品。お台場メディアシネマージュにて上映された。
他の監督作に「TSUN-TSUN」(那須ショートフィルムフェスティバル2013 那 須FC 賞受賞 等)、「I’ll see you in my dreams」。

作品本編動画: 「らんぷ」本編

syuri

橋本朱理…撮影・照明

1988年、三重県出身。バンタンデザイン研究所卒業。在学中より、阿部敬史監督作品「らんぷ」(09) 、内藤壮平監督作品「堀人」(10)にカメラマンとして携わる。撮影を担当した戸塚富士丸監督作品「ははお屋」(10)は、第6回山形国際ムービーフェスティバル2010 U-23部門にて奨励賞を受賞した。
またGAKU−MC「take it slow」ではプロモーションビデオの撮影・照明を務めるなど、 映画だけではなく活躍の場を広げている。

作品本編動画: 「take it slow」 「てのなるほうへ」(PV)

矢野正久…撮影・撮影助手

撮影作品
「ボーダーライン」「ブランコゆらゆら」等

柴田犬人(通称シバケン)…監督、脚本、制作

1990 年、福岡県出身。作家、フリーライター。石倉では主に制作、美術を担当。 カルチャーマガジンJISCOM にて執筆中。よく童貞顔と言われるが童貞ではない。と本人は言い張っている。特技、八つ当たり。
普段からニラを好んで食し、内藤壮平が代表を兼任する「ニラ友の会」では副代表を務める。

後藤謙太…監督、撮影

1987 年、大分県出身。幼い頃、右腕に大やけどをしブタの尻の皮膚を移植される。それ以来、ブタを食べる度に腕が疼く。

前田桂吾…監督、俳優

1986 年、大分県出身。東京大学卒業後、サラリーマン生活の傍ら「石倉」に協力(「堀人」出演、「バーニンバーニンバルーン心の」特別協力)。
現在、石倉での初監督作品を準備中。嫌いなものは地下での戦闘。